苫小牧の出会いは豪華な始まり

苫小牧の出会いは遅滞なく進みました。そこにはかなり美しいサロンがありました。
私はいくつかの人々はお土産に精通していると思うが、ウニとイワシの豪華なボウルから始まり、 "イチゴ"
それは、古典的な天ぷらやスープヤのポットのようなアマチュアの方々にもお金がかかるようです。


さらに、不幸を返すことを別にすれば、あなたが帰宅するお菓子も追加されます。
苫小牧の出会いのお菓子は鉄板の地元の鉄板ですが、「ポットポット」の項目です。

私はサツマイモ(サツマイモ)から作られたスイーツを個人的に愛しています。
サツマイモ、ジャガイモケンピ、大学のジャガイモ、乾燥ジャガイモ、サツマイモなど

苫小牧出会い
家に帰った後、パクリは私が楽しみにしていたお菓子を開いた!
...
····
·····それはジャガイモじゃない。

白い小豆がありますが、中は淡黄色の甘い粉です。正直、悪い...


苫小牧の出会いはあなたに電話してみました。
"今回はお土産に感謝します
まあ...ありがとう、ありがとう。ダメダメダメ。プロンプトですが、おいしく受け...はい、そうです。これはおいしい、本当に魔法の甘さです!ええ、内部は何ですか?・ ・ 

コメント